ストレートネック


当院ではフィシオエナジェティック®によって症状の原因を調べています。フィシオエナジェティック®では、腕の長さの変化となって現れる体の反応を読み取りながら治療を進めていきます。これをARテスト(腕長反射)と言います。

※当院では医師のような病気の診断や医療行為はできません。フィシオエナジェティック®はあくまで代替療法であり、現代医学で認められていない事をご了承下さい。

首の痛みで整形外科に行くと「ストレートネック」という診断をされる事があります。しかし多くの場合はストレートネックが原因ではありません。ストレートネックでも痛みが全くない人はたくさんいます。本当の原因は違う所にあります。


ストレートネックを治す必要が無い理由

理由1:ストレートネックの多くが先天性です

日本人の女性の6割近くが元々ストレートネックであるとする調査結果もあります。よって無理に頚椎にカーブをつけるような矯正を行ったり、枕などでカーブをつけようとしてはいけません。

ストレートネックが先天性であった場合、その人にとってはその状態が正常であり、無理にストレートネックを治してはいけないのです。もし無理にストレートネックを矯正すると何か悪い事が起こる可能性があります。その場合に「好転反応」という便利な言葉を使って誤魔化している整体やカイロの先生も多いかもしれません。

理由2:「ストレートネック」と診断された方でも、実はストレートネックではない人が多い

病院で首のレントゲンを撮る時は、患者に顎を引かせて撮影するため、ストレートネックではない方でもストレートネックとして写ってしまいがちです。実際、ストレートネックと診断された方でも触診すると全くストレートネックではない方がたくさんいます。

ストレートネックという診断はあまり参考にしません

私が検査してみると、 以下のような事がが関係している事が多いです。

  • 頚椎椎間板の問題
  • 副腎疲労症候群
  • 胃の問題や食道裂孔ヘルニア
  • 第1肋骨の歪み
  • 精神的ストレス