リーキーガット症候群(LGS)について


当院ではフィシオエナジェティック®によって症状の原因を調べています。フィシオエナジェティック®では、腕の長さの変化となって現れる体の反応を読み取りながら治療を進めていきます。これをARテスト(腕長反射)と言います。

※当院では医師のような病気の診断や医療行為はできません。フィシオエナジェティック®はあくまで代替療法であり、現代医学で認められていない事をご了承下さい。

リーキガット症候群(LGS)とは

リーキーガット(Leaky Gut)を直訳すると、「腸もれ」になります。Leaky が漏れやすい、Gut が腸とか消化管という意味です。LGSとか腸管壁浸漏症候群とも言います。

リーキーガット症候群とは、腸粘膜の障害により、正常なら腸から吸収されない未消化の食物や毒素・有害物質などが吸収され血中に入ることで様々な症状を引き起こす現象を言います。

リーキーガット症候群の事は「腸に穴があく」と説明される事が多いのですが、これは非常に誤解しやしい表現なので私は使いません。

実際には、腸の細胞と細胞をくっつけているタイトジャンクション(密着結合)という部分が壊れてしまい、細胞と細胞の隙間から未消化物や毒素やバクテリアなどが体内に入り込むようになった状態をリーキーガット症候群(LGS)といいます。

↑タイトジャンクション(密着結合) 画像はウィキペディアより

ちなみに、本当に胃や腸に穴が開く状態は「穿孔(せんこう)」といって、もっと恐ろしい病気で入院が必要です。

タイトジャンクションのような粘膜にあるバリア機能は他にもあります。

まず上皮細胞の一つである杯(さかずき)細胞が分泌するムチンという粘液。
それから、小腸のパネート細胞が分泌する抗菌ペプチド。
そして形質細胞が分泌する免疫グロブリン(s-IgA)などです。

粘膜のバリアが壊れているために吸収されてしまった未消化の食物はマクロファージという免疫細胞に食べられます。また毒素・有害物質は肝臓に運ばれ無毒化されます。

しかし、全身に異物侵入の警告サインを出すことにより免疫細胞が過剰に活性化させます。そ の結果、アレルギーや自己免疫疾患を引き起こしたりします。またマクロファージは未消化の食物などの異物が増えすぎて食べきれなくなって、ウイルス などの外敵をちゃんと攻撃できなくなります。

リーキーガット症候群の症状

  • 喘息・花粉症・アトピーなどのアレルギー症状
  • 膠原病や慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患
  • 過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病などの腸の症状
  • 統合失調症、自閉症、うつ病、パニック障害、不眠症などの脳の症状
  • その他

リーキガット症候群の原因

  • ストレス。活性酸素を産生し粘膜にダメージを与えます。
  • 抗酸化物質の不足。亜鉛、銅、マンガン、セレン、システインなど抗酸化作用のある栄養素が必要です。
  • カンジダ、バクテリアによる腸粘膜の直接的な侵襲
  • 抗生物質による菌交代現象(善玉菌が減少し、抗生物質に強い悪玉菌が増加する現象)
  • NSAID(非ステロイド性抗炎症薬、いわゆる痛み止め)による腸粘膜の炎症
  • ステロイドによる免疫抑制。免疫力低下に伴いカンジダ菌などが繁殖します。
  • 重金属や環境毒素による免疫力の低下
  • アルコール、タバコ、カフェイン、薬など。これらは肝臓で代謝される過程で活性酸素という副産物を産生し抗酸化物質を枯渇させます。
  • グルタミン(グルタミン酸ではない)の不足。腸粘膜の細胞はグルタミンをエネルギー源としているので、不足すると腸粘膜を修復できなくなります。 グルタミン不足はタンパク質の摂取不足が主な原因です。
  • 短鎖脂肪酸の産生不足(=善玉菌不足)。大腸粘膜の細胞はグルタミンだけでなく短鎖脂肪酸をエネルギー源としています。。短鎖脂肪酸は善玉菌が産生する物質なので善玉菌を増やす必要があります。また短鎖脂肪酸は大腸を酸性に保つことにより悪玉菌の繁殖を防いでいます
  • 炎症を抑える働きのあるオメガ3脂肪酸の不足。あるいは、炎症を促進させる働きのあるオメガ6脂肪酸の過剰摂取
  • 胃酸や消化酵素の分泌不足による未消化物。特に未消化のタンパク質が腸粘膜を刺激したり、悪玉菌の餌となります。特に逆流性食道炎などで胃酸を抑える薬を使っていると腸内環境は悪化します。

リーキーガットのための5Rプログラム

リーキーガットの治療では以下の5つの項目を全て網羅しなければなりません

  • 1)Remove toxins(リムーブトキシン)=重金属・環境化学物質などの毒素を取り除く
    クロレラ、ガーリック、NAC、モリブデン、ビタミンD3、マグネシウムなど
  • 2)Remove pathogens(リムーブパソジェン)=カンジダやバクテリアなどの病原を取り除く
    グレープフルーツシード、タイム、ティーツリー、ゴールデンシールなど
  • 3)Replace(リプレイス)=胃酸や消化酵素の代わりになるものを補う
    ベタインHCL、パンクレアチン、バイルアシッド、ダンデリオン、リンゴ酢など
  • 4)Reinoculate(リインアキュレイト)=プロバイオティクスなど善玉菌を再び取り入れる
    乳酸菌、ビフィズス菌など 
  • 5)Repair(リペアー)=Lグルタミンなどで腸粘膜を修復する
    Lグルタミン、アロエベラ、クルクミン、オメガ3、ビタミンD3,ビタミンAなど

※5Rプログラムはリーキーガットだけでなく、アレルギーや腸内細菌異常がある時も有効です。

腸粘膜修復に有効なサプリメント

以下は5Rプログラムの5番目・Repair(リペアー)に使うサプリメントです。

  • Lグルタミン 腸粘膜の細胞のエネルギー源
  • プロバイオティクスとプレバイオティクス 腸粘膜の細胞のエネルギー源である短鎖脂肪酸を産生する
  • ビタミンA 粘膜を丈夫にする必須栄養素
  • ビタミンD3 粘膜を丈夫にする必須栄養素
  • ペプジンGI 創傷治癒効果
  • クルクミン 炎症抑制
  • ケルセチン 炎症抑制
  • オメガ3 炎症抑制
  • アロエベラ 炎症抑制
  • 葛(くず) 炎症抑制
  • ベントナイト(粘土) 炎症抑制
  • アカニレ(スリッパリー・エルム) 炎症抑制
  • リコリス 炎症抑制。粘液を減らす作用があるので注意(そのため去痰には良い)
  • ブロメライン 炎症抑制。消化酵素の代わり
  • パパイン 炎症抑制。消化酵素の代わり
  • キャッツクロー 炎症抑制
  • γオリザノール 炎症抑制
  • Nアセチルグルコサミン 粘液の分泌を促進し消化管を保護する。菌糸形のカンジダを顕著に増殖するのでカンジダの問題がある人は使わない
  • ギンコ(イチョウ葉) 腸(だけでなく全身の)の血流を促進する

その他に、活性酸素、カンジダなどの悪玉菌、胃酸や消化酵素、解毒などに使うサプリメントが有効

活性酸素(酸化ストレス)による粘膜のダメージは大きい

消化管粘膜のダメージを修復するには活性酸素対策がもっとも重要かもしれません。

ストレス、薬(ホルモン剤・抗生物質・鎮痛剤など)や毒素(タバコ・アルコール・ダイオキシンなどの環境毒素など)は粘膜にダメージを与える原因としてよく知られていますが、これらは全て活性酸素を発生させる事で粘膜にダメージを与えています。

ですから、毒素をできるだけ取り込まない注意が必要ですし、ストレス対策として心理療法が必要な人もたくさんいます。

そして重要なのが抗酸化力をアップする事です。例えば、

  • スーパーオキシド(活性酸素の一種)を代謝するSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)という酵素の活性を高めるために、マンガン、亜鉛、銅のサプリメントが有効です。
  • 過酸化水素(活性酸素の一種)を代謝するGPx(グルタチオンペルオキシダーゼ)やカタラーゼという酵素の活性を高めるために、セレン、マンガン、システイン、ビタミンD3などのサプリメントが有効です。
  • オメガ3脂肪酸はアラキドン酸(脂肪酸の一種)がプロスタグランジンやロイコトリエンに代謝される過程で発生する活性酸素を抑制する事ができます。
  • タンパク質豊富な食事、特にBCAA(というアミノ酸)を含んだタンパク質を多く摂取する事で、活性酸素を中和する事ができるアルブミン(という血中のタンパク質)を増やす事できます。
  • メチル葉酸、メチルコバラミン、P5Pは活性酸素を発生させるホモシステインを減少させます。
  • その他、βカロチンなどのカロテノイド類(植物の色素成分)やビタミンCも有効です

さらに女性ホルモンのエストロゲンの分泌過多の女性にも対処が必要です。エストロゲンはコルチゾールと同じくステロイドホルモンの仲間なのですが、エストロゲンも、やはり合成と分解の両方の過程で活性酸素を発生させます。その場合は、エストロゲン過剰分泌の原因を見つけて対処しなければならないでしょう。生理痛や子宮筋腫などの婦人科疾患にはエストロゲン過多がよく関係しています。

ストレスによる活性酸素の影響

私達はストレスを受けるとコルチゾールというストレスホルモンを副腎皮質から分泌します。

そのコルチゾールがコレステロールから合成される過程の副産物として活性酸素が発生します。またいらなくなったコルチゾールを肝臓で分解する過程でも活性酸素が発生します。

活性酸素の原因としてストレスは非常に大きい要素なのです。ストレスによって発生した過剰な活性酸素はいたるところにダメージを与えます。腸粘膜もそうです。

ですから心理療法によってストレスコントロールをする事で活性酸素の発生を抑える必要がある人も多いのです。

リーキーガットというとサプリメントや食事で治そうと考える人が多いのですが、実際には心理療法も必要な人が多いという事を理解してください。

カンジダやクロストリジウムディフィシルが粘膜バリアを破壊する

カンジダ菌は栄養条件が悪くなると酵母形から病原性の強い菌糸形に変わる性質があります。そして菌糸を腸粘膜に突き刺し粘膜バリアを破壊してゆきます。

カンジダを増やさないためには糖質の摂りすぎに注意が必要ですが、実は糖質完全カットの食事も要注意です。減らしすぎると(=栄養条件が悪くなると)病原性の強い菌糸形に変わるからです。なので、甘いものや精製された糖質は摂取しないようにして、未精製の炭水化物を少量摂取する必要があります。

クロストリジウム・ディフィシルという悪玉菌は健常者の腸管内でも5-10%、入院患者では約25%の糞便中から検出される比較的ポピュラーな細菌です。この細菌がだすトキシンAとトキシンBという毒素はタイトジャンクションを壊し、活性酸素や炎症を増大させ粘膜バリアを破壊してゆきます。

クロストリジウム・ディフィシルは抗生物質による菌交代現象(善玉菌が死滅し悪玉菌が増殖する現象)を起こす代表的な細菌でもあります。抗生物質による下痢症の20-30%はクロストリジウムディフィシルが原因です。

よってカンジダやクロストリジウムなどの悪玉菌への対処は非常に重要です。

※悪玉菌への対処についてはこちらのページで解説しています。

※カンジダについてはこちらのページで解説しています

リーキーガットの人には鉄は危険かもしれません

リーキーガットの人は鉄の摂取によって悪化する事があります。

まず1つ目の理由が、鉄が酸化ストレスを増大させるからです。

活性酸素の中でも最も強力なダメージを与えるヒドロキシラジカルの生成に鉄が関与しています。(鉄がフェントン反応を促進しヒドロキシラジカルを産生します)

鉄剤を飲むと胃が痛くなる人が結構いますが、それは鉄剤を飲んだ直後から胃で活性酸素が発生し胃を荒らしているからです。(同じような事が腸でも起きます。)

2つ目の理由が、鉄はカンジダ菌や大腸菌のような悪玉菌の格好の餌なので、腸内フローラが悪玉菌優勢になっている時はさらに悪化させてしまうからです。(善玉菌も鉄を必要としますが、悪玉菌ほど必要としません)

また、悪玉菌が繁殖している時は、生体防御反応として鉄の吸収をブロックするシステムが働きます。(肝臓で産生されるヘプシジンというペプチドホルモンが鉄の吸収を抑制します。)そのために病院の血液検査でもヘモグロビンや貯蔵鉄(フェリチン)が足りないと判明する事がありますが鉄は摂取してはいけません。まずは悪玉菌を減らし善玉菌を増やす事を優先すべきなのです。

鉄は諸刃の剣のようなものなのです。鉄はヘモグロビンのようなタンパク質と結合した「鉄タンパク質」という形態では割と大丈夫なのですが、タンパク質と結合していないフリーの鉄(遊離の鉄)は有害です。

では、なぜ悪玉菌の格好の餌となるフリーの鉄ができるのでしょう? それはスーパーオキシドという活性酸素の一種も関係しています。スーパーオキシドは鉄タンパク質から鉄イオンを引き抜く作用があり、フリーの鉄を増加させます。

スーパーオキシドはSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)という酵素によって代謝されるので、SODの酵素活性を高めるために酵素の補因子であるマンガン・亜鉛・銅などのミネラルが必要かもしれません。なお遺伝子多型によってSODの酵素活性が低い人もいます。またSODは糖化反応(メイラード反応)によって活性が著しく低下することから糖尿病患者は活性が低下しています。

このような理由で、鉄が不足している人でも、まず酸化ストレスや悪玉菌の問題を解決してから鉄を補うべきです。

ビタミンAとビタミンDが腸粘膜を強くする

ビタミンAとビタミンDは粘膜(や皮膚)を丈夫する栄養素であり、粘膜や皮膚のトラブルがある人には不足している人が多いビタミンです。

リーキーガット症候群も腸粘膜のトラブルなので、ビタミンAとDの不足は大いに関係します。

過去の栄養学では、ビタミンAは緑黄色野菜を食べていればβカロチンから変換されるからビタミンAを直接摂取しなくても大丈夫と言われてきました。またビタミンDは日光によって合成されるから不足する事はほとんど無いと言われてきました。

しかし、実はそうではなく、割と多くの人にビタミンAとDが不足しているのがわかっています。

βカロチンなどのプロビタミンA(ビタミンAの前駆物質という意味)からビタミンAに変換するためには甲状腺ホルモンが必要です。なので甲状腺機能低下の人はビタミンAを直接摂取しないと不足します。甲状腺機能低下の人には肌が黄色い人もいますが、それはβカロチンがビタミンAに変換できないためにカロチンの色が皮膚に出ているからです。(黄疸の場合は目も黄色くなるので見分けがつきます)。

また、遺伝的要因でプロビタミンAからビタミンAに変換する能力が低い人もいます。この場合もビタミンAを直接摂取する必要があります。

また、ビタミンAが作用するにはビタミンAを運搬するレチノール結合蛋白(RBP)が必要です。レチノール結合蛋白は肝臓で合成されるタンパク質なのでタンパク質をしっかり摂取する事が必要となります。特に肝臓でのタンパク合成を促進するBCAAというアミノ酸を含んだホエイプロテインなどは効果的です(その意味ではBCAAのサプリメントでも良い)。その他、タンパク合成を促進する働きがある亜鉛も必要になります。

それからビタミンAは正常な腸管免疫機能に必要な「リンパ球ホーミング」にも関わっています。リンパ球ホーミングとは、簡単に説明すると腸管で誕生したリンパ球が全身を旅して免疫のお勉強してから自分が誕生した腸管に戻ってくるという性質の事です。ビタミンAの活性化型であるレチノイン酸が無いと、リンパ球ホーミングが正常に行われないため、腸管免疫機能が低下してしまいます。

短鎖脂肪酸とグルタミンは腸粘膜の細胞のエネルギー源

小腸粘膜の細胞は主に(グルタミン酸ではなく)グルタミンをエネルギー源としています。

大腸粘膜の細胞もやはりグルタミンをエネルギー源としていますが、その他に善玉菌が作り出す乳酸や短鎖脂肪酸をエネルギー源としています。

なのでグルタミンのサプリメントは腸粘膜の修復に非常に有効ですし、善玉菌を増加させる事が腸粘膜の修復にも役立ちます。

私の観察ではプロバイオティクスよりプレバイオティクス(善玉菌の餌)のほうが効果があるように思います。例えばイヌリン、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ等、ペクチン、アラビノガラクタン、レジスタントスターチなどです。

プロバイオティクスはアシドフィルス菌やビフィズス菌そのもののサプリメントですが、実はそれが腸に定着して住み着く事ないようです。ではなぜ効果があるかというと、アシドフィルス菌やビフィズス菌の菌体成分が善玉菌の餌となるからです。ですから、生きている菌よりも死菌のほうが効果があるという事がわかっています。というわけで、プロバイオティクスは高価な餌なのです。

亜鉛も腸粘膜の修復に重要

亜鉛は医療現場でも抗潰瘍薬として臨床応用されている消化管粘膜の修復に効果的なミネラルです。

消化管粘膜の修復を目的とする場合は一般的な亜鉛のサプリメントよりも亜鉛とLカルノシンの複合体であるペプジンGIという特許済みのサプリメントが良いかもしれません。

その他、亜鉛は抗酸化ミネラルとして活性酸素による粘膜のダメージを抑える作用からも効果的です。

↑亜鉛とカルノシンの複合体サプリメント、商品名「ペプジンGI」

グルテンフリー・カゼインフリーについて

小麦のグルテンと牛乳のカゼインはリーキーガットの原因としてよく知られています。(その他に大豆などのサポニンやレクチンも)

特にグルテンはタイトジャンクション(密着結合)を開く作用がある「ゾヌリン」という物質を増加させます。

グルテンとカゼインが引き起こす悪影響は他にもあります。

リーキガットの人がグルテンとカゼインを摂取すると、グリアドルフィン(グルテンの未消化物)やカソモルフィン(カゼインの未消化物)が腸管から血中に吸収されます。そして、グリアドルフィンとカソモルフィンは脳内に到達し、モルヒネ様作用を引き起こします。(つまり脳にも悪影響を及ぼすという事)

そのような理由でグルテンフリー・カゼインフリーの食事はリーキーガットの人には効果的です。しかし、そこまでストイックにグルテンとカゼインを除去しなくても効果はあるでしょう。普段からグルテンとカゼインを食べ過ぎなければ良いのです。

リーキーガットの検査方法

私はフィシオエナジェティック®によってリーキーガットで有るか否かを検査しています。また必要なサプリメントの選択や心理療法(リーキーガットの大きな原因です)などもフィシオエナジェティック®のやり方を採用しています。

もし医療機関(栄養療法のクリニックなど)でリーキーガットが有るか否かを検査したい場合は「ゾヌリン検査」が良いようです。ゾヌリンはタイトジャンクション(密着結合)を開く作用があり、これが増加している事がリーキーガットの目安となります。

その他に「IgGアレルギー検査(遅延型アレルギー検査)」も目安になります。IgGアレルギー検査でたくさんの食べ物がひっかかる場合は、その食品にアレルギーがなくても、リーキーガット症候群の可能性が高いようです。実際に、病院によってはアレルギーの検査として行わず、リーキーガット症候群を推測するための検査として行っているところもあります。

リーキーガット症候群に対処すると病院の血液検査で見つかった遅延型フードアレルギーの食品を除去しなくても検査結果は良くなるようです。実際に、当院の患者にもそのような結果が出ています。

もしかしたら、IgGアレルギー検査で反応した食物にアレルギーがあるから食べないように指導されるかもしれません。しかし、実はIgGアレルギー検査はアレルギーの検査としては全く当てにならない検査なのです。

これは私の個人的意見ではなく、「IgGアレルギー検査」は、欧米の学会から完全に否定されています。具体的には以下の様な団体が公式に否定します。

「IgGアレルギー検査」はアレルギーの検査としてではなくリーキーガットの目安として考えたほうが良いようです。